ことば置き場

物語をめぐり、言葉をめぐり、それから。

Novel

本の発売日が決まりました

お久しぶりです。 小説『明滅する世界の縁』の発売日が決まりましたので、お知らせします。 ペーパーバックの小さな小さな本です。 お手にとっていただければ幸いです。 明滅する世界の縁 https://www.amazon.co.jp/dp/4908862230/ref=cm_sw_r_cp_api_T6G1zb…

武蔵野線番外地(下)

目覚めても、まだ夢の中のような気がする。万年布団から這い出し、やっとの思いで台所に立つ。食欲がないので、何種類もの薬を水道水で流し込んだ。この半年飲み続けた抗鬱剤の入った紙袋を見て、ああそうだった、もう今日で必要ないんだ、と思う。鬱に抗う…

武蔵野線番外地(上)

武蔵野線が悲しい路線だと考えているのは俺くらいじゃないかと、古里シンはいつも思う。今夜も取引先との接待で美味くもない酒を呑み、もう日付が変わろうとしている。たかが二十数年間の人生だとヒトは笑うかもしれないが、同世代の少なくない連中と同じく…

満月(下)

百日紅の色が眼裏に残る、その夜は満月だった。 暗い空に穿たれた円形の穴は、別の世界に繋がっているのではないかと錯覚させる。考えてみれば、こうした自然の現象は奇怪だな、と水澄ソウジは病室の天井を見凝めながら思った。眠い。瞼を閉じるわけにはいか…

満月(上)

あの夜、月はどんな表情をしていただろうーー。 目が覚めた時、病室の窓から見える百日紅の花色が瞳を刺した。それは、太陽を仰いだときの、まぶたの裏のように薄い紅色をしていた。 水澄ソウジは全身を点検し、ベッドの上に横たわる自分の身体が一応無事で…

残滓(下)

取調室の空気は淀んでいた。取調官の小田原は、自首してきた被疑者を前にして、暗澹たる気持ちになっていた。 黙秘権を行使しているわけでもないのに、被疑者の森嶋ハルはずっと俯いたままだった。世間話にすらあまり乗ってこない、こういう男は苦手だ。小田…

残滓(上)

蛇行する川の流れは穏やかだった。 犀川の川面は五月の柔らかい陽光を反射させ、まるで光そのものが流れているように見える。一つ一つの光点は、あるいは、ひとりびとりの魂かもしれない。魂があつまり、やがて濁流となる。そんなことを思いながら、森嶋ハル…

ノンブル・ゼロ #2 cooking time

ノンブル・ゼロ #2 cooking time 「この世界には二種類の人間が存在する」 林フツツカは、都立高校の家庭科室で、生徒たちに向けて語り出す。チョークを持ち、黒板に一気に書き殴る。小学校の時に合格した書道検定三級という、微妙な腕前ながら、勢いだけは…

床屋

床屋 この物語はコーエン兄弟〈バーバー〉のオマージュである。もちろん、スクリーンはモノクロになっている。 ✳︎ 吉祥寺駅の公園口を降り、街の喧騒を抜け、井の頭公園への道を歩く。俺は暗い夜道に床屋のサインポールが浮き上がるのを確認する。もう二十年…

借景(下)

アパートに戻ろうと踵を返したとき、近所の老婆に声を掛けられ、シンヤは立ち止まった。白髪で腰の曲がった、小さな老婆だった。 「あら、藤見さん、お元気?」 「ええ、まあ」 アパート暮らしであまり近隣の住民と懇意にしていないので、適当な挨拶でやり過…

借景(上)

板がめくりかえる音が雷のように響く。 バリバリと音を立て、小型のショベルカーが木造家屋を解体し始める。公道からの隘路を通らなければならないので、重機は小型でなければならないが、まさかこんなに本格的にやるとは、と藤見シンヤは眼を見張った。 「…

ノンブル・ゼロ #1 prologue

#1 prologue 大臣政務官の執務室からのぞむ街の色は褪せている。久しぶりの雨だ。権力の象徴である議事堂の三角頭も靄がかかり、今日はどこか寂しげだ。 肘掛け椅子に深く座る松坂屋凛子は、そんな窓の風景を背にしてこちらを睨みつけている。向かい側の女も…

#10 Checkmate

#10 Checkmate 佐々並心療内科の医師、佐々並顕一郎はいつも暇だった。暇だからロクなこと考えないんですよ、と教え子の御木本が言うので、勧められるままにチェスをはじめてみたら、これが面白い。大切なものを失ってからというもの、アルコール依存と鬱状…

#9 Graduate

#9 Graduate 誰もいない教室に一人、僕は佇んでいる。 夕方、校舎の裏口からこっそり忍び込み、教室の窓から校門の方を眺める。 夕日の淡い光で、窓枠の影が廊下側の壁に向かって伸びてゆく。 静かだ。 いつも流れているピアノの旋律も、いまは聴こえない…

#8 Coffee Break

#8 Coffee Break これまで犯してきた自分の罪はいくつくらいになるのか、桐屋創士は実際に数えたことがある。そうしたら、気が遠くなるほどの数に上ることがわかり、呆然とした。一口にギルティと言っても、あくまで主観的なものであり、その言葉の定義な…

#7 Rebecca’s determination

#7 Rebecca’s determination 不意の襲撃だった。生き残った者はわずかにいるが、組織は壊滅状態に陥っていた。スカンディナビア半島北端にあるサンタクロース連合中央理事会の理事長は、オルト・ヒューマンの仕業だと漏らした。 「オルト・ヒューマン?」 …

#6 Convenience

#6 Convenience 「駅前のコンビニあるじゃん? ちょーかわいい店員さんが入ったんだよね」 フリーターAは鼻毛を抜きながら、友人のフリーターBに言った。 Bは痩せすぎでほとんど骨と皮の状態だった。この一週間、一日一食のカップラーメンと水道水だけで生…

#5 Beretta

#5 Beretta 歌舞伎町の地下にあるトカゲの店は、一見何の変哲も無いアダルト・グッズ専門店だった。初めて店を訪れた時、その胡散臭さに呆れ返ったが、かえって身を隠すにはいい場所なのかもしれない、と御木本は考え直した。店に入ると右手の棚にはDVDが…

#4 Ghost Writer

#4Ghost Writer 昨年末に急逝した父の遺品を整理していたら、不思議なものを発見した。 それは、私の知らなかった父の別の姿だった。高校で理科の教師をしていた、道徳的で生真面目な父が、家族に隠れて小説を書いていたのだ。本棚にはアインシュタインや…

#3 Whodunit

#3 Whodunit 「犯人はこの四人の中にいます」 私立探偵のフタツキは、男女三人を前にして得意げな顔を見せた。 「ちょっと、依頼主はわたくしざますよ! わたくしを除いたこの二人が怪しいざあます‼︎ 」 中年の厚化粧の女が金切り声を上げる。 ざますって……

#2 Fight Money

#2 Fight Money カサギは控え室で静かに壁を見つめている。これが最後の試合になるかもしれない。もとより覚悟の上だが、蛍光灯にぶち当たっては落下する蛾の哀れな羽ばたきが、自分の人生に重なって見える。歳をとりすぎたのかもしれない。 ホールからの…

#1 Marriage

#1 Marriage 駅の改札を出ると、ビル風が頬を打つ。空が曇天で覆われ、風が強く吹いている。早くしないと雨が降り出すかもしれない、と御木本シウは空を見上げながら考えた。頭上にはグレーの膜が果てしなく広がり、まるで永遠の目隠しを強要されているみ…